痛風治療

痛風改善 最新情報

December 13, 2013痛風発作とは?
痛風発作とは?
October 17, 2013痛風と性別の関係
痛風と性別の関係
May 22, 2013痛風の原因になる尿酸とは?
痛風の原因になる尿酸とは?
May 14, 2013痛風と糖尿病
痛風と糖尿病
May 8, 2013痛風と高血圧
痛風と高血圧

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

痛風発作とは?

a0006_001790

痛風発作ってどんなもの?

「痛風発作」と言う言葉を、聞いたことがあるでしょうか?
痛風発作は、我慢出来ないほど激しい痛みを伴う発作のことです。

この痛みは発作的な症状のため、痛風発作と呼ばれています。

では、この激しい痛みを伴う痛風発作とは、どのような場所に起きるものなのでしょうか。
痛風発作が起きやすい場所は、足の親指の付け根です。
痛風患者の約70%が、足の親指の付け根に痛みを感じると言われています。

痛風発作が起きると、関節が赤く腫れて、激しく痛みます。
痛みの特長は、「激しいが、自然に治まる」ことです。
歩けなくなることもあるほど激しい痛みを感じますが、その痛みは長くても2週間ほどで治まります。

自然に痛みが治まってしまうため、激しい痛みを感じても放置する人がたくさんいます。
しかし、痛みが治まっても、痛風が治ったわけではありません。

半年から1年ほどでまた痛風発作が起こります。
そして、痛風発作が起きる間隔が短くなっていき、内臓にも症状が出てしまうことがあります。

痛風発作はなぜ起きる?

痛風発作は、体の中に過剰に増えた尿酸が、関節部分に付着することで起こります。
では、どうして体の中に尿酸が増えてしまうのでしょうか?

尿酸は、どんな人の体の中にも蓄積されているものです。
通常、体の中に蓄積されている尿酸の半分以上は、汗や尿として排泄されることで入れ替わっています。
この排泄が上手くいかず、尿酸のバランスが崩れてしまうと、体の中に尿酸が溜まってしまうことになります。

尿酸のバランスが崩れる理由は、さまざまです。
たとえば、栄養を過剰に摂りすぎたり、飲み過ぎたりすると、体の中に尿酸が増えます。
ストレスや肥満、遺伝なども、体の中に尿酸が溜まってしまう理由の一つです。

痛風発作の治療

痛風発作の治療として代表的なものは、「非ステロイド系抗炎症薬」「ステロイド薬」「コルヒチン」の3つです。
「非ステロイド系抗炎症薬」は、消炎鎮痛剤と呼ばれることもある薬です。

この薬は、腎機能障害がある場合は使えません。
「ステロイド薬」は、炎症を強力に抑えてくれる薬ですが、重症の痛風患者に使われるもののため、
一般の痛風患者に使うことはあまりありません。

「コルヒチン」は、痛風発作の初期に有効な薬です。
本格的な痛風発作の場合、コルヒチンがたくさん必要になるため、酷い痛風発作には使わない方が良いとされています。

痛風の状態や検査結果によって、治療法は変わります。
必ず医師の指示に従って薬を服用するようにしてください。

Tags

December 13, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風発作とは?

このページの先頭へ