痛風治療

痛風の原因になる尿酸とは?

a1180_006554

尿酸ってなに?

痛風の原因は、「尿酸」と呼ばれているものです。
体内に尿酸がたくさん溜まり、血清尿酸値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症という病気になります。
この病気が進行すると、痛風になることがあります。

では、痛風の原因になる「尿酸」とはどのようなものなのでしょうか?
尿酸というのは、「プリン体」が分解されて出来る物質です。

このプリン体は、体内で生産されているだけではなく、
プリン体が含まれている食品を摂取することでも体内に取り込まれます。

ですから、尿酸はどのような人の体の中にもあるものです。

尿酸は健康な人でも一定量が体の中に蓄積されていますが、
半分以上の尿酸が老廃物として体から排出されるため、毎日入れ替わっています。

しかし、排泄が上手くいかなくなると、入れ替わりのバランスが崩れ、体内に尿酸が溜まることになります。

尿酸値が上昇する原因

尿酸が体内に溜まり、尿酸値が上昇する原因となっているものは、「食生活」「ストレス」「飲酒」などです。
まず、「食生活」ですが、過剰に食べることは尿酸値が上昇する原因になります。

肥満指数が高くなると、尿酸値が高くなると言われています。
尿酸の元になるプリン体が多く含まれている食品を食べ過ぎることでも、尿酸値が上がります。

次にストレスですが、ストレスは尿酸値を上げると言われています。
これは、ストレスが尿酸の排出機能を低下させてしまうことがあるからです。
また、ストレスによって、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすることがあることも、尿酸値を上げる原因になっています。

最後に飲酒ですが、アルコールを飲むと尿酸が排泄されにくくなるため、飲酒をすると尿酸値が上がりやすくなります。
さらに、体内でアルコールが分解される際に、尿酸が作られてしまうため、尿酸値が上昇する原因になります。
アルコールの中に、尿酸の元になるプリン体がたくさん含まれているものがあることも、尿酸値に関係しています。

尿酸値を上げない生活

尿酸値が上がると高尿酸血症になり、痛風になる可能性があります。
痛風予防には、尿酸値を上げない生活をすることが大切だと言えるでしょう。

尿酸値を上げないようにするためには、「食生活」「ストレス」「飲酒」に注意する必要があります。
食べ過ぎ飲み過ぎは、尿酸値を上げることに繋がります。

栄養バランスの良い献立を考え、食べ過ぎに注意して肥満にならない食生活を目指しましょう。
豚レバー、牛レバー、カツオなどのプリン体をたくさん含む食品を大量に摂取しないように注意することも大切です。
ストレスをため込まずに解消することも、尿酸値を上げない生活をする上で重要なことでしょう。

Tags

May 22, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風の原因になる尿酸とは?

このページの先頭へ