痛風治療

尿酸値を上げる様々な原因

a0002_008273

あなたは、尿酸値を上げる原因は、痛風のタイプによって異なると言うことはご存知でしょうか?

前回、痛風には、尿酸生産過剰型と、尿酸排泄低下型があるというお話をさせて頂いたかと思います。尿酸値を上げる原因は、このタイプによって異なります。

まず、尿酸生産過剰型の方の場合、食べすぎ、飲み過ぎが尿酸値を上げる原因となっております。

では、なぜ食べ過ぎ、飲み過ぎが尿酸値が上げる原因なのでしょうか?
それは、尿酸生産過剰型の方は、、肝臓機能の低下しているからです。

食べ過ぎ・飲み過ぎ、睡眠不足、ストレス、運動のしすぎ等、
日常的な行いのひとつひとつが、肝臓の酷使や脂肪の沈着につながり、
肝臓の低下を引き起こす原因になります。

その為、尿酸生産過剰型の方は、食べすぎ、飲みすぎに注意して、
しっかりと良い睡眠をとる事が重要です。

8時間の良質の睡眠は、心も身体もリフレッシュしてくれます。
睡眠時間を確保するのが難しい場合は、睡眠の質を高めるようにしてください。

22時から2時までの間は、成長ホルモンが分泌、新陳代謝が始まるサインとなります。
ですので、夜の22時までに就寝するようにし、太陽が上がる頃に起床するのがベストです。

次に、尿酸排泄低下型の場合、不規則な生活、過剰な当分摂取が尿酸値を上げる原因となっております。

では、なぜ不規則な生活、過剰な当分摂取が尿酸値が上げる原因なのでしょうか?
それは、尿酸排泄低下型の方は、腎臓機能の低下しているからです。

腎臓機能は老化の他に、不規則な生活、過剰な糖分摂取、ストレス、タバコ、塩分の取りすぎ等で低下します。
その為、尿酸排泄低下型の方は、生活習慣を見直す必要があります。

このように痛風の種類によって、原因や対策方法が変わってきますので、
痛風になられたら、まずは腎臓及び肝臓の検査を行う事をお勧め致します。

Tags

December 15, 2012 | Comments Closed |

Category:尿酸値を上げる原因

このページの先頭へ