痛風治療

高尿酸血症・痛風の治療基準

a1260_000007

高尿酸血症・痛風の治療は、痛風発作の有無、尿酸値の値、合併症の有無などに
よって方針が決まります。

まず発作がなければ、特に特別な事をする必要はなく、
生活習慣の見直しを行って頂ければ問題ございません。

ただ、生活習慣の見直しを行っている間に発作が起こった場合は、
必ず尿酸値を確認して見てください。

尿酸値の値が9.0mg以上であれば、合併症を起こす危険がございますので、
その場合は、薬物療法等で、薬の副作用を利用して、
尿酸値を下げるなどが必要になってきます。

そのならないためにも、常日頃から尿酸値の測定を行い、
しっかりと生活改善を行って下さい。

Tags

July 18, 2012 | Comments Closed |

Category:痛風の治療基準

このページの先頭へ