痛風治療

尿酸値が高いと?

a0055_000896

尿酸値は、血液中の血清1dlの中に尿酸が何mg含まれているかを数値化したものです。

この尿酸値に関してですが、男女で差が有り、日本人の尿酸値の平均は、
男性で3.5~7.0mg/dlで、女性が2.4mg~5.8mg/dlと言われています。

この、尿酸値が、7.0mg/dlを超えると、性別を問わず高尿酸血症と診断されます。

では、何故7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されるのでしょうか?

理由と致しましては、尿酸値が7.0mg/dlを超えると尿酸が血液中に溶け込みきらない状態になり、
過剰な尿酸が尿酸塩として結晶化して関節にたまり、痛風の発作を起こしやすくなる為です。

では、7.0mg/dlを超えるとすぐに薬の服用が必要になるのでしょうか?

これは、7.0mg/dlを超えたからと言って、直ぐに薬を服用する必要はありません。
理由と致しましては、高尿酸血症になったからといって、すぐに痛風の発作が起こるとは限らないからです。

もし、あなたが7.0mg/dl代で痛風の発作が起きていなければ、
まずは食生活及び運動、睡眠時間等の生活習慣の見直しから行ってみて下さい。

食生活は、栄養バランスのとれた食事を規則正しく取る事が基本となります。
食べる順番にも気をつけ、なるべく最初はサラダ等の野菜を取るようにして下さい。

その後は、三角食べを心がけ、朝昼晩しっかりと栄養を取って下さい。

また、ウォーキングなどの運動も大変痛風改善によいです。
会社や駅で階段を使用する。通勤に自転車を使う。等のまず出来る事から初めてみてください。

尿酸値は放置してても決して下がる事はありません。
放置して9.0mg/dlを超えると色々な病気に掛かる可能性が高くなりますので、ご注意下さい。

Tags

February 3, 2013 | Comments Closed |

Category:尿酸値が高いと?

このページの先頭へ