痛風治療

痛風とプリン体の関係

a1180_007446

『痛風になったらどうなる?』

痛風という言葉で、まず、思い浮かぶものは「痛み」でしょう。
その痛みは、歩けなくなることがあるほどのものです。

風が吹いただけでも痛いと言われていると言えば、
どんなに激しい痛みか想像出来るのではないかと思います。

こうした痛風の症状が主に出る場所は、足の親指です。
赤く腫れて関節が痛みますが、その痛みは数日で治ります。

しかし、安心は出来ません。しばらくすると、また痛みが出るのです。
痛みが出て治るというサイクルを繰り返しているうちに、
痛みが出るまでの期間が短くなって内臓に障害が出ることがあります。

『プリン体に注意!』

痛風は、プリン体が体内で代謝されて出来る「尿酸」が原因です。
尿酸は、体液に溶けて体内を循環しています。

健康な体なら体液に溶けている尿酸は尿となって排出されるのですが、
排出が上手くいかず、過剰に尿酸が増えると体内に蓄積してしまいます。

こうなると、体内に蓄積した尿酸は結晶になり、関節に沈着します。
その沈着した部分に刺激が加わると炎症が起きてしまい、関節が痛くなってしまうのです。

尿酸の元になるプリン体は、主に体内で作られています。
しかし、プリン体は体内で作られるだけではありません。
食品にも含まれているため、食べ物からもプリン体が体内に入ってきています。

『プリン体の多い食品』

尿酸は、体内で作られたプリン体の代謝で作られるだけではなく、
食事で摂取したプリン体を代謝することでも作られています。
では、プリン体が多い食品とは、どのような食品なのでしょうか?

プリン体がたくさん含まれている食品は、「レバー」「白子」「かつお」「いわし」「さんま」「えび」などです。
主に肉類や魚類の内臓に、たくさん含まれています。

プリン体をたくさん含んでいる食品を大量に摂取すると尿酸が増えることがありますから、
過剰摂取には注意してください。アルコールも、注意が必要です。

アルコールにはプリン体がたくさん含まれているものがあるだけではなく、
尿酸値が上がりやすいものですから、飲み過ぎないようにしましょう。

『プリン体の少ない食品』

食品には、プリン体が少ないものもあります。
プリン体が少ない食品は、「キャベツ」「トマト」「ジャガイモ」「にんじん」「海藻」「果物」などです。

プリン体は尿酸の元になるものですが、摂取制限を厳しくしすぎても
栄養が足りなくなる可能性があります。

プリン体を大量に摂取しすぎないように注意しながら、
栄養のバランスを考えて食事を摂りましょう。

Tags

March 9, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風とプリン体の関係

このページの先頭へ