痛風治療

痛風の初期症状と痛風に似ている病気

a1320_000091

『痛風の初期症状は?』

痛風は、尿酸が体の中にたまる病気です。
尿酸は通常、尿となって排出されるのですが、排出されずに体内にたまってしまうと、
関節に付着して炎症を起こします。

すると、炎症を起こした場所に強い痛みが現れます。
この強い痛みが、痛風の初期症状の特長です。

痛みは、「骨折より痛い」「万力で締め付けられたように痛い」と言われるほど強いもので、
痛みのあまり、歩けなくなる人もいるほどです。

初期症状の痛みが現れる場所として多いのは、「足の親指の付け根」です。
約70%の人が、この場所に初期症状が出ると言われています。

足の親指の付け根以外では、「足首」「くるぶし」「かかと」「足の甲」「ひざの関節」
「ひじの関節」「手首」「手の指の関節」に発症することがあります。
痛みの他に、「赤く腫れる」「炎症部分が熱を持つ」といった症状も出ます。

『治ったようにみえても……』

痛風の初期症状には、もう一つ大きな特長があります。それは、「痛みの期間」です。
初期の痛風発作は、痛みが短期間で治まってしまうのです。

早い場合は2~3日、長い場合でも2週間ほど経つと痛みが治まります。
このため、「治った」と誤解してしまう人が多いのです。

しかし、痛みが治まっても、治ったわけではありません。
症状が進行すると、痛みが出るまでの間隔が短くなっていきます。

そして、他の部分に痛みが出たり、内臓障害が起こることもあります。

『痛風と似ている病気』

痛風の初期症状は、ほとんどは「足」に出ます。
しかし、足に症状が出る病気は痛風以外にもあります。

そのため、「足」に症状が出る他の病気と、痛風を間違えることがあります。
では、痛風に似ている病気には、どのような病気があるのでしょうか?

痛風に似ている病気には、「外反母趾」「偽痛風」「変形性腰椎症」などがあります。
「外反母趾」は、小指に向かって足の親指が曲がっていく病気なのですが、
足の親指の付け根に痛みが出ることがあるため、痛風と間違いやすい病気です。

「偽痛風」は、関節炎を起こす病気です。
この病気は、痛風と似た症状が出ますが、痛風とは原因が違います。

「変形性腰椎症」は、椎間板の厚みが減って、骨に変形が起きる病気です。
足に症状が出ることがある病気のため、痛風と間違うことが多い病気です。

『痛風かもしれないと感じたら』

痛風は初期症状として激しい痛みが出ますが、しばらくすると痛みが治まるため、治ったと勘違いすることが多い病気です。
痛風に似た症状が出る病気と間違うこともあります。

痛風かもしれないと感じたら、自己判断せずに医師に相談しましょう。

Tags

March 19, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風と似た病気

このページの先頭へ