痛風治療

痛風と糖尿病


a0055_000896

痛風と糖尿病の関係

痛風は、体の中に尿酸が過剰に増えてしまう病気です。
この尿酸は、どのような人の体内にもあるものです。

通常は尿となって排泄されるのですが、排泄が上手くいかなくなって体の中に過剰に増えてしまうと、
高尿酸血症と呼ばれる状態になります。

高尿酸血症になった状態が続くと、尿酸が結晶化して関節に付着することがあります。
すると、炎症が起こり、痛風発作の痛みとなって現れるのです。

しかし、痛風は痛みだけが問題ではありません。
痛風になると、合併症が発症する可能性があります。

たとえば、糖尿病です。
糖尿病は、痛風の合併症としても知られている病気です。

糖尿病はどんな病気?

では、糖尿病とは、どのような病気なのでしょうか?
糖尿病は、簡単に言うと血糖値が高くなる病気です。
血糖値というのは、体のエネルギー源になるブドウ糖が血液の中にどれくらいあるのかを表している数値です。

糖尿病になると、エネルギー源であるブドウ糖を上手く取り入れることが出来なくなり、血液中に溢れてしまいます。
このようなことは、血糖を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、細胞に対して上手く働かなくなるために起こります。

インスリンはブドウ糖をコントロールしてくれるもののため、インスリンが不足したり、
上手く働かなくなると、細胞にブドウ糖が取り込まれなくなり、血液の中のブドウ糖を使えなくなってしまうので、血糖が上がってしまうのです。

この糖尿病を放置していると、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞といった命にかかわる病気になってしまうことがあります。
また、3大合併症と呼ばれる糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症という糖尿病特有の合併症になることもあります。

糖尿病を予防する

痛風になってしまうと、糖尿病が合併症として起こる可能性があります。
糖尿病にならないために、糖尿病を予防する生活を心がける必要があるでしょう。

では、糖尿病予防で大切なことは、どのようなことなのでしょうか?
糖尿病は生活習慣病の一種でもありますから、大切なことは生活習慣を改善することです。

まず、気をつけたいことは肥満です。
肥満は、糖尿病以外の生活習慣病の原因になることもあるものですから、
食べ過ぎないように注意して、栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

運動をすることも、大切です。
しかし、激しい運動をする必要はありません。

激しい運動は、尿酸値を上げてしまうことがあります。
ウォーキングやサイクリングなど、適度な運動を心がけてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

May 14, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風と糖尿病

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ