痛風治療

痛風と性別の関係


a0007_001765

痛風ってなに?

痛風は、過去にぜいたく病と言われていたことがある病気です。
これは、昔はぜいたく品とされていた肉や魚などを摂りすぎると、痛風になることがあったからです。

しかし、今は食生活がかわりました。
ぜいたく品はぜいたく品ではなくなり、よく食べられるものになったため、痛風は一般的な病気になりました。

では、どうして痛風になってしまうのでしょうか?
痛風になる原因は、「尿酸」です。

と言っても、尿酸はどんな人の体の中にもあります。

ところが、過剰に尿酸が作られたり、排出が上手くいかなくなると、体の中に尿酸が増えてしまいます。
すると、尿酸値が高い「高尿酸血症」という状態になります。
この高尿酸血症という状態が長く続くと、痛風になることがあるのです。

痛風に女性はならない?

痛風は、男性に多い病気だと言われています。
痛風患者について調査をした際に、約98%が男性だったという結果もあるほどです。

では、女性は痛風にならないのでしょうか?

痛風患者についての調査からもわかるように、まったくならないわけではありません。
しかし、女性がなりにくい病気ではあります。

女性が痛風になりにくい理由には、女性ホルモンが関係しています。
実は、女性ホルモンは尿酸の排出を促してくれるホルモンなのです。

そのため、女性は血清尿酸値が男性よりも低い傾向があり、痛風になりにくいのです。
ですが、閉経すると女性ホルモンの分泌が減りますから、閉経前よりも尿酸値が上がります。
これは、痛風にかかりやすくなると言うことです。

それでも、痛風患者が男性よりも少ない理由は、血清尿酸値が高い期間が短いからです。
痛風は血清尿酸値が高い状態が数年続かないと起こらないので、血清尿酸値が高い状態が続く期間が短い女性は、発症までしないことが多いのです。

男性が痛風になりやすい理由は?

女性が痛風になりにくい理由からもわかるように、痛風ははっきりと男女差がある病気です。
男性は女性よりも血清尿酸値が高くなりやすく、痛風の原因になる高尿酸血症という状態になりやすい傾向があります。

血清尿酸値が7.0mg/dL以上になると高尿酸血症という状態になるのですが、
一般的な男性は血清尿酸値が1.5mg/dL高くなるだけで、高尿酸血症という状態になってしまうのです。

さらに、痛風は、「責任感がある」「真面目」「自己主張が激しい」「激しいスポーツをよくする」ようなタイプがなりやすいと言われています。
これは、働き盛りの男性に当てはまることが多いため、男性が痛風になりやすい原因の一因になっています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Tags

October 17, 2013 | Comments Closed |

Category:痛風と性別の関係

Trackbacks & Comments

Comments are closed.

このページの先頭へ