痛風という病気は医学的に何が原因なのかは明確にされているわけではありません。

ひとつの要因として、食事の栄養素が関係していることは現在までのデータから推測されるものとして広く知られています。

また、もう一つの原因として知られているのが尿酸という物質が痛風と大きく関係しているということです。

尿酸という物質は人間の体内の中に誰にでも一定量あり、これが血液の中に溶けて体内に循環し、それがやがて尿となって体外に排出されます。

ところが、これが何らかの原因で血液中の尿酸濃度が上昇し、恒常化機能を超えて飽和解消できなくなってしまうと体外に排出されず、どんどん体内に蓄積されていきます。

この蓄積された尿酸は結晶化して足部の関節などに付着していきます。

体内に付着し結晶化した尿酸が多くなると痛風の症状や尿結石を発症するようになります。

尿酸値の上がりぐあいは自覚症状もなく分かりずらいことがあります。

気になる方は一度病院に行き血液検査をすることをおススメします。