痛風治療

痛風と尿酸


尿酸とはなに?と聞かれても知らない方がほとんどだと思います。

一般に尿酸とは酸素や水素、炭素などの化学物質でできたのもです。
これはどのように体内で作られているかというと、プリン体というものが大きく関係しています。

プリン体というとかなりの方がこのフレーズを聞いたことがあると思います。

このプリン体は人間が食するものの中から体内に取り込まれます。

プリン体は多くの食品に含まれていますが、その中でも代表的なものがビールや肉製品、カニなどに多く含まれており
どれも普段から口にするものばかりです。

プリン体は体内に取り込まれると肝臓で分解されます。この場合に老廃物として排出されるのが尿酸です。

このプリン体を多く取りすぎると痛風になると思う方もいるでしょうが、そういうことはなく、
プリン体の摂取は、痛風とはほとんど関係しないと医学的に証明されました。

ただし、あくまで取りすぎるのは、痛風のみならず、体にも悪いので、過剰摂取は控えて頂くと良いと思います。

これは食事療法として痛風治療に用いられますが、痛風を治すには長期の治療になり、治すのにはとても根気がいる
病気といえるでしょう。

April 10, 2012

このページの先頭へ